2009.11

はじめての北欧インテリア / エイ出版社

はじめての北欧インテリアが11月に発売になりました。
スパンコール、村角千亜希の“北欧のあかりの選び方”を特集しています!


2009.10

pen No.255 / 阪急コミュニケーションズ

pen「リノベーションで、理想の家づくり」に紹介されました。
スパンコール、村角千亜希がオススメする9つの照明アイテムが掲載されています。

また今回、初登場となる“置型カラー間接照明”「Light salon」のご紹介もしております。
是非、お見逃しなく!!!

「Light salon」お問い合わせはコチラまで
 lightsalon@spangle.jp


2009.10.14

スタッフ募集!

スタッフ募集は、締め切らせて頂きました。
たくさんの応募をありがとうございました!


2009.10

照明ガイド / 日経アーキテクチュア

日経BPムック「照明ガイド」が発売になりました。空間演出についてのインタビュー記事が掲載されています。建築照明の基礎知識から最新情報まで、幅広い情報が紹介されています。


2009.10

すてきなお仕事 / ビー・エヌ・エヌ新社

好きなことを仕事にする、25人のワーキングスペースが紹介された「デザインとものづくりの すてきなお仕事」矢崎順子 編著、ビー・エヌ・エヌ新社から発売になりました。
自分たちで照明デザインを手掛けた、スパンコールのオフィス「grow」(赤坂・賃貸マンション)が紹介されています。


2009.10

Designers' vol.2 / 日経アーキテクチュア

日経BPムック「Designers' vol.2」が9月に発売になりました。スパンコール 村角千亜希が紹介されました。


2009.08.13

DIAMOND DREAMS/プロ野球セパ誕生60周年記念チャリティーアートエキシビション

DIAMOND DREAMS/プロ野球セパ誕生60周年記念チャリティーアートエキシビションが、東京ミッドタウンホールで開催中です。会場構成をトラフ建築設計事務所、照明計画をスパンコールが担当致しました。是非、遊びにいらして下さい。

A 会場:8/12(水)~19日(水) 東京ミッドタウンホール
B 会場:8/12(水)~23日(日) 東京ミッドタウンガレリアB1アトリウム
主 催:社団法人日本野球機構/「DIAMOND DREAMS」実行委員会
入場料:大人800円、中高生500円、小学生300円、小学生未満無料 ※A会場のみ有料


2009.07

これからのくらしとあかり /  エクスナレッジ

エクスナレッジから「これからのくらしとあかり」が発売されました。村角千亜希が参加した、遠藤照明の“くらしとあかり展”のイベントが掲載されています。全6回のイベントの様子がまとめられています。


2009.04

KJ / 建設ジャーナル

「KJ/建設ジャーナル」2009年4月号、建築家のつくる家の特集に トラフ建築設計事務所が設計した「港北の住宅」(2008年11月竣工)、「中丸の住宅」(2009年5月完成予定)が掲載されました。
照明計画はスパンコールが担当しております。


2009.04

LIGHTING+2 /商店建築社

商店建築からLIGHTING+2が発売され、特集で住宅のライティングデザインが紹介されています。「トラフ建築設計事務所×村角千亜希」の港北の住宅と、住宅のライティングーそのトレンドとテクニックの記事が掲載されました。


2009.04

Domani 5月号/小学館

Domani 5月号、Turning point に村角千亜希が紹介されました。


2009.03

NIPPO Studio

ライティングフェアー2009のNIPPOブースにて配布された「NIPPO Studio」で3波長高演色蛍光ランプの使い方に関してコメントが掲載されました。


2009.02.20

住まいの環境デザイン・アワード2009/環境デザイン最優秀賞 受賞

昨年3月に竣工した「浜田山の住宅」(建築家・二宮晴夫さんのオフィス“アトリエハル”兼住居)が、住まいの環境デザイン・アワード2009で「環境デザイン最優秀賞」を受賞致しました。2/19、リビングデザインセンターOZONE・パークタワーホールでシンポジウムと審査員(東利恵さん、宿谷昌則さん、小嶋一浩さん、千葉学さん)によるパネルディスカッションが行われ、住まい手が心身ともに安らぎを感じ、且つ環境負荷に配慮したデザインを考える、理想的な戸建て住宅について、改めて深く考える貴重な機会を頂きました。

>more photo(photo:北田英治、山本雷太 右列3点+左下)


2009.02

"新世代建築家デザイナー100" X-Knowledge HOME特別編集NO.12/エクスナレッジ

エクスナレッジから発売された「新世代建築家デザイナー100」特別編集NO.12 に、スパンコール 村角千亜希が紹介されました。


2009.01

casa BRUTUS 2月 特別号/マガジンハウス

casa BRUTUS 2月 特別号に、スパンコールが手掛けたプロジェクトが2つ掲載されました。
1つは、トラフ建築設計事務所が設計している「港北の住宅」。この1年間のベスト戸建て住宅に載っています。
2つめは、ダイワハウスと創った、採光&照明計画をメインコンセプトにした「xevo by AKARI no MAHO」。“昼間の自然光のひかり”と“夜の静かなあかり”の両方を一緒に提案しています。こちらは、グッドデザインを受賞いたしました。


2009.01

家庭画報 2月号/世界文化社

家庭画報2月号に、スパンコールが手掛けた、リーガロイヤルホテル広島の中に入っている「カージュラジャ広島」スパ&エステサロンが掲載されました。インド王妃マハラニのイギリスにある邸宅をイメージしたインテリアで、美しい曲線を描く廊下が印象的です。


2009.01.05

新年スタート!

新年あけましておめでとうございます。
2009年の年始は、1月5日(月)からスタート致しました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


2008.12.25

MARIOT EVENT VOL.31 「光育」

遠藤照明によるMARIOT EVENT VOL.31 「光育」のトークセッションに、建築家の鈴野浩一さん(トラフ建築設計事務所)と出演いたします。光育(ヒカリイク)をテーマに“心に影響する光”について考えてみたいと思います。

日時:2009年1月21日(水)
   18:00〜 OPEN、18:30〜 TALK、20:00〜 PARTY
場所:札幌コンベンションセンター 中ホール
主催:(株)遠藤照明、MARIOT CLUB
申し込みフォーム


2008.12.04

オープンデスク募集!

staff.jpg

12月のみオープンデスクを1名、募集致します。

こちらの受付は終了させて頂きました。
ありがとうございました。


2008.12

GOETHE WOMAN 1月号/幻冬社

ゲーテウーマン1月号、今回の特集は ART AND LIFESTYLE です。
「アートがもたらす、あなたの幸せ」に載りました。


2008.12

北欧スタイル No.16/エイ出版社

北欧スタイル NO.16が発売中です。
今回の特集は「北欧デザインの正しい使い方」です。
照明の観点で「北欧のあかりの選び方」「PH5とPH5プラスの違い」「北欧の名作照明を徹底比較」でコメントさせて頂いております。
北欧最新トレンドニュースも必見です。
どうぞお見逃しなく!


2008.12

インテリア and Home No.8/オレンジページ 

インテリア and Home がオレンジページから発売中です。
今回の特集は「暮らしを楽しむ、人をもてなす、わが家がいちばん心地いい」です。
「ココロを包む癒しのあかり」で掲載されております。
住宅照明の事例やポイントアドバイスと共にご覧いただけます。


2008.11

住宅特集 271 /新建築社

新建築の住宅特集 271 に、トラフ建築設計事務所と設計した「港北の住宅」が掲載されました。(表紙)


2008.11

日経アーキテクチャー、2008年11月24日/RE view

兵庫県城崎温泉に2008年夏にオープンした「木屋町小路」が掲載されました。(表紙)温泉街の真ん中に人を呼ぶ新しいシンボルとして計画された公共商業施設で、2004年に中心市街地活性化基本計画「城崎このさき100年計画」として、早稲田大学、後藤晴彦研究室と町の方々が一緒にまとめた事業の一環です。城崎の歴史、伝統、景観を守りながら、この先も城崎の飛躍を願っての計画である。
魅せ場は、和紙を重ねて張った「火伏壁」で、夜には光とともに幻想的に浮かび上がります。ベンチに座ってゆっくりするもよし。イベントを催すもよし。みんなに喜んで使ってもらうスペースとして活かされる事を期待している。


2008.11

TOKYO TREND RANKING 12月号

寒さとともに街のイルミネーションの輝きもいっそう増し、1年の中で最も照明が映える季節がやって参りました。
東京メトロ+ぐるなび、が共同発行しているフリーペーパー「TOKYO TREND RANKING」の巻頭ページ“東京ライフの達人たち”に紹介されました。今回はスパンコールが照明を手掛けた「レカン銀座」で撮影させて頂いております。


2008.11.13

IFDA・国際家具デザインフェア旭川2008 @リビングデザインセンターOZONE

巡回展「国際家具デザインフェア旭川2008(IFDA 2008)」の入賞入選作品展が開催中です。“木の家具”が引き立つ照明のシーンがゆっくりと展開してゆきます。会場デザインはmonokraftの清水徹さんが手掛けています。

会期:2008年11月6日(木)〜18日(火)
時間:10:30〜19:00
場所:リビングデザインセンターOZONE/3階 OZONEプラザ

>more photo


2008.11.12

港北の住宅

「ゆるやかに仕切られ、ゆるやかに繋がる光の関係性」
RC造、平屋(1階+ロフト)の住宅が完成した。設計はトラフ建築設計事務所/鈴野浩一さん、禿真哉さん。大きなワンルームの天井は、ダイナミックな傾斜天井で空間をゆるやかに分節している。日中はトップライトから自然光がダイレクトに室内へ、夜は傾斜天井が反射板の役割となり光のグラデーションが室内を満たす。わずかなスペースの中に「広がり」と「個室」の機能を併せ持たせる為に、ゆるやかに仕切られ、ゆるやかに繋がる光の関係性を作った。
Photo:Daici Ano


2008.11

pen No.252/阪急コミュニケーションズ

pen「プロフェッショナルが教える、家づくりのヒント」に紹介されました。
今回は表紙もスパンコールが手掛けた「浜田山の住宅&アトリエハル」です。
”ドラマティックな明かりが建物に豊かなストーリーをもたらす”ではトラフ建築設計事務所とやった「港北の住宅」も掲載しています。


2008.11

東京カレンダー No.11/アクセスパブリッシング

東京カレンダーに紹介されました。


2008.11.01

乃木坂の住宅

「静かな光のゆっくりとした変化」
住宅の1階エントランスホールのリノベーションが完成した。グレーの石材で覆われた長い廊下の先にトップライトの様な光の仕掛けをした。ラベンダー色の光はグレーの壁に鈍く光を投げかけ、静かな光を落としている。時間と共にゆっくりとわずかに、色、照度、が変化し時間や気持ちに合わせてシーンが展開してゆく。都心の中のスピード、情報、騒音から、家へ戻ると静かな気持ちにスイッチが入る。設計はアルマジロ/三田伊理也さん+山下稚代さんと中塚健仁さん。

>more photo



2008.10.25

カージュラジャ/リーガロイヤルホテル広島店

マッサージサロン「カージュラジャ広島店」がオープン致しました。“インドの王妃マハラニの邸宅”をコンセプトイメージにしているオリエンタルな雰囲気。インテリアの設計はsept jasmine 佐々木弘美さん。

>more photo


2008.10

VERY 10月号/光文社

VERY「大人は光で模様替え」で掲載されております。


2008.10.01

L'ecrin 銀座

老舗のフレンチレストラン「L'ecrin 銀座」がリニューアルオープン致しました。印象的なベルベットのレカンレッドとアールヌーボーのレリーフの美しいミラーのフレームを基調に残し、料理を主役に引き立てる照明をご提案しております。針のように繊細な光で一皿ずつ丁寧にあかりをシューティングした、芸術的な料理の世界を堪能して頂けたらと思っております。


2008.08.01

浜田山の住宅 & アトリエハル

「街・家」「外・内」「仕事・癒し」の共存するあかり
建築設計事務所「アトリエハル」のOffice & 代表の二宮晴夫さんご夫妻の住宅が完成した。長年住みなれたこの土地に、オープンに街と建物の関係が成り立つように考えられたこの建物は、ファサードに面して「土間の打合せスペース」を通り越して奥の中庭まで一続きの庭園にも感じられる空間。あかりのテーマはどんな視点で見ても、人の集っている様子が楽しそうに見える事。間接光だけで充分照度をとれるオフィス、映り込みを抑えた土間空間の演出など、最小限のあかりで効果が出るように計画した。
Photo:北田英治


2008.07

iA interior/ARCHITECTURE 10「照明×透光素材設計ガイド」/エクスナレッジ

iA (アイエー)の 「照明×透光素材設計ガイド」特集で紹介されました。


2008.06

LIGHTING +/商店建築社

商店建築から、LIGHTING +(ライティングプラス)が発売され、特集ライティングデザイナーの仕事が紹介されています。
スパンコールは「光の記憶を感じられるテーブル」「コンセプトを広げるコラボレーションライティング」「新世代ライティングデザイナートーク」で掲載されています。


2008.03

住宅特集 263 /新建築社

新建築の住宅特集 263 で、「多層化する空間へのアプローチ、デザインの対象1」が特集され、トラフ建築設計事務所がプロポーザル案を出したエキシビションの様子が掲載されています。
照明を担当致しました。


2008.03

+DESIGNING Vol.09/毎日コニュニケーションズ

+DESIGNING Vol.09「包むデザイン、伝えるパッケージ」が発売されました。「暮らすパッケージ」で紹介されています。


2008.02

PLUS 1 Living 2月号/主婦の友社

プラスワンリビングで「照明をかえるとインテリアはもっと素敵になる」を別冊付録で紹介されました。


2008.01

住宅情報 都心に住む 2月号/リクルート

都心に住むの「私の好きな一流空間」に掲載されました。


2007.11

ELLE DECO No.93 /アシェット婦人画報社

ELLE DECO No.93にアートギャラリークローゼットでのイベントが掲載されました。


2007.11.27

”青木むすび”の「夜の植物園」 @Rocket

青木むすび”の「夜の植物園」Exhibitionを開催中です。
照明をお手伝いしました。
むすびさんの世界を是非お見逃しなく!!!

展示期間:2007年11月20日(火)〜12月1日(土)
時  間:17:00〜21:00(最終日は14:00〜18:00)
場  所:gallery ROCKET(地図)


2007.10.24

SPECIAL PRODUCTS SHOW '07 


KOIZUMI照明でトークセッション 八木弘樹×内木宏志×村角千亜希「照明デザイナーによるきんみらいのひかり」を開催致します。


日 時:2007年11月15日(木)open 18:00, start 18:30, party 20:00
場 所:コイズミ照明 B1F(地図)


2007.10.24

くらしとあかり


ENDO照明「くらしとあかり」プロジェクトの第1回Exhibition
トラフ × 村角千亜希 を開催致します。


展示期間  :2007年11月5日(月)〜9日(金)
シンポジウム:2007年11月6日(火)open 18:00, start 18:30
場  所  :遠藤照明・青山ショールーム5F(地図)

※シンポジウム参加申し込み


2007.10

DESIGN STANCE/誠文堂新光社


雑誌penの「クリエイターを探せ」(文:萩原修さん、写真:ugaさんの連載)が1冊の本にまとまり、DESIGN STANCE/デザインスタンス「新世代のクリエイターと仕事1」誠文堂新光社から出版されました。pen(No.164、2005年11月15日号)で取材された記事内容が掲載されました。


2007.09

styles 上手に暮らす ♯3


mansion DB「styles 上手に暮らす」のウェブサイトに記事が掲載されました。


2007.09.28

art gallery closet × FLOS Exhibition

西麻布のアートギャラリークローゼットにて、照明メーカーFLOSとのコラボレーションで、一夜限りのパーティー「Light & Art」を開催致しました。スパンコールが会場のライティングを行い「空間を彩るアート+あかり」をテーマに村角千亜希がトークショーをしました。


>more photo


2006.12.26

川越総鎮守 氷川神社 ぼんぼりプロジェクト


川越の氷川神社で、新年になった零時から明け方にかけて御祈祷をすると、手持ちぼんぼりがもらえます。初詣の帰り、夜道のお供にいかがでしょうか?


2006.12.26

川越総鎮守 氷川神社 ライトアップ


川越総鎮守・氷川神社のライトアップが始まりました。県の指定文化財にも登録されている「本殿」をはじめ「鎮守の杜」に優しいあかりが灯ります。夜、初詣にお越しの際には、幻想的な夜の境内を満喫して下さい。又、夜の挙式「かぐや」では、シーンによってあかりが変わる厳かな演出の中、神前挙式をあげることができます。

>more photo


2006.12

連載  All About で「住宅照明」の連載がスタートしました。


オールアバウトでの1年間の連載が、いよいよ12月19日にオープン致しました。
内容は「住宅照明」について、基礎知識から最新情報まで、幅広くお伝えしてゆきたいと思っております。月に2回、新しい記事をアップして参りますので、今後ともどうぞお楽しみに!

http://allabout.co.jp/gs/lightdesign/


2006.12.14

クリスマスツリー・2006

今年もクリスマスツリーの飾り付けの季節がやって参りました。
ツリーは毎年「Thanksgiving」の次の週末に出す事に決めています。
毎日過ごすリビングルームがロマンチックな装いに変化します。
部屋の明るさのレベルを調光コントローラーでいつもより下げて、
ツリーのイルミネーションが空間で引き立つようにするのが楽しみです。
照度を下げた暗めの空間で見るツリーやキャンドルは、いっそう輝きを増し、ゆっくりした静かな時間が流れます。
ツリーは天井につきそうなくらい特大だと迫力があります。


2006.12

雑誌 「LIVING DESIGN」49 /リビングデザインセンター


「暮らしと食の12か条・照明はマジック。雰囲気もごちそうのうち。」 P29
スパンコールのOffice (grow)を舞台にテーブルセッティングと共に照明をディナーモードに設えた。
テーブルにはスポットライトのあかりを調光でおさえめにシューティング、庭の壁面には白い壁を大きく照らす間接照明を仕込み、植物のシルエットが浮びあがる。


2006.12

雑誌 「REALSIMPLE」No.12 /日経BP社


「リラックスできる明かりのこなし方」 P119
シンプルな照明器具を使ってリラックスできる部屋を作るコツをご紹介しています。
凝った照明器具を使わなくても、置き方ひとつで雰囲気を変えることができます。


2006.11

新聞 「日本経済新聞」プラス1 /日本経済新聞社

「照明で部屋にムードを」 P19
部屋のあかりを、昼とは全く違う雰囲気にする為の簡単な方法をご紹介しています。
空間を大きく包み込む間接照明・低い位置に置くスタンド・綺麗な花を照らすスポットライト・それらをコントロールする調光コントローラー等、演出方法はいろいろあります。


2006.11

雑誌 「REALSIMPLE」No.11 /日経BP社


「ぐっすり眠れますか?今晩からできる快眠法17」 P64
眠りは時間の長さではなく、その質にこだわりたいものです。
眠りの質を高めてくれる、ベッドルームにふさわしいあかりの設え方をご紹介しています。


2006.10

新聞 「日本経済新聞」プラス1 /日本経済新聞社

「照明の妙暮らしに潤い」 P7
誰でも簡単にできる、スポットライトを使った照明のコーディネート例をご紹介しています。
スポットライトは、テーブル・キッチンの壁面・本棚の背表紙・食器・壁に飾ったカード等、浮び上がらせたら効果的に見える場所を選んで丁寧に照らしてゆくと、部屋に心地よいあかりのムラができ、奥行きを感じさせてくれる効果が得られます。


2006.07

連載 「LIVING DESIGN」48 /風土社


おあつらえ生活のススメ
「あかりいのオーダーメイド」連載vol.4 P76
友人が購入した築40年のレトロなマンション(宮益坂の家)のリノベーションのタイミングに、照明デザインを提案させて頂く事になりました。
住み手の生活リズムや好みに応じるオーダーメイドのあかりは、ライフスタイルを紐解いたり、デザインの方向性を探ってゆく、1つ1つのプロセスの愛おしい、楽しい作業でした。


2006.05

連載 「LIVING DESIGN」47 /風土社

「ドリーム天井」連載vol.3 P78
寝室でベッドに横たわると、必ず天井を見上げます。
真っ白ななにも無い美しい天井は、柔らかい光を受け優しい光に包まれます。
1日の大量の情報をリセットするかのように、ドリーム天井を眺めて眠りにつきたい。

ラ・メゾン・ド・ローズ


2006.04

TV 「ゆるナビ」/NHK総合

「○○のない暮らし・お風呂場に照明のない暮らし」
私の家 (ラ・メゾン・ド・ローズ) のお風呂場には、照明器具がありません。
引っ越してきた当初は、蛍光灯の器具がついていました。狭いスペースには明るすぎる蛍光灯の器具は、つけてみるとまるで「未知との遭遇」みたい。「ジョキッ」とハサミで切って捨ててしまいました。
毎日キャンドルにあかりを灯して、ゆったりと入るバスタイムは、至福のひとときです。

番組リンクhttp://www.nhk.or.jp/yurunavi/onair/004.html


2006.03

連載 「LIVING DESIGN」46 /風土社


「シンデレラSPOT」連載vol.2 P78
1つの部屋には、浮び上がらせたい所がたくさんあります。
皆が集まるダイニングテーブル、花を生けた背景の大きな壁面、料理の作業をするカウンター等。1つ1つ丁寧に照らしてゆくとドラマティックな景色が見えてきます。モノと人を主役にする照明テクニックをご紹介しています。

ラ・メゾン・ド・ローズ


2006.03

雑誌 「COSMONITY」vol.221 /リクルートコスモス


「照明レシピ」 P3
光と上手に付き合って、暮らしの幅を広げる提案です。
家の中のいろいろな部屋では、どんな照明シーンが生み出せるのでしょうか?
実践例と合わせてポイントをご紹介しています。


2006.02

TV 「天職のとびら」/TV東京

照明デザイナーの仕事の紹介を致しました。
事務所での図面制作や現場での照明チェックから、帰宅後の家でのリラックスタイムまで、銀座セレブステップのオーナー沼尻真一さんにも登場して頂きました。

番組リンク http://www.tvblog.jp/kanto/archives/2006/02/post_022522540003.html

銀座セレブステップHP
http://www.celebstep.com/


2006.02

雑誌 「メイプル」/集英社


今の暮らしに映える"癒し"の照明とは? P202
天井の照明を消して「一室多灯」に挑戦する提案をしています。
使いやすい照明器具から最新のトレンドまで、複数紹介しています。
又、便利な調光コントローラーも必見です。


2006.01

連載 「LIVING DESIGN」45 /風土社


「魅せ壁」連載vol.1 P86
自邸 (ラ・メゾン・ド・ローズ) のリビングダイニングには、メインの大きなラベンダー色の壁が設えてあります。
大きな壁は向かいの鴨居からの光を受けて、ゆったりした間接照明で照らされています。
間接照明は、照らされる壁面のグレードに大きく影響を受けます。
その空間が持っている個性を最大限に引き出し、色を付けたり、漆喰仕上げにしたり、風合いを出す事に気を配ると、スペシャル間接照明が完成します。


2005.12

JA56 WINTER 2005季刊/新建築社

新建築社の「JA56 WINTER 2005季刊/YEARBOOK 2004」に「梅ヶ丘コーポラティブハウスROXI」が掲載されました。


2005.12

出版 「その仕事、好きですか?」2 南 ゆかり著 /ワニブックス

Oggiで連載された「好き」を仕事に、自分らしく暮らす事を選択した女性たち20人のリアルストーリーが紹介されています。
「イメージを広げ、わくわく感を味わって。どんどん好きが増えていく」 by村角


2005.12

雑誌 「日経おとなのOFF」No.51 /日経ホーム出版社


「憧れの空間に変える『灯かり』のテクニック」P137
ランプの基礎知識、部屋別のあかりのポイント、最新の照明器具の紹介、調光コントローラーの紹介、等、一通りのベーシックな情報を紹介しています。
部屋ごとの、理想的な照明シーンと、そのドローイング解説まで掲載しているため、読み応えのある内容にまとまっているお勧めの特集です。


2005.12

雑誌 「商店建築」/商店建築社


「軽井沢クリークガーデン」 P88
竣工プロジェクトの掲載です。
軽井沢の森の中に計画されたウェディング施設 (KARUIZAWA CREEK GARDEN) は、チャペル、披露宴会場、レストラン、カフェ、ホテル棟から構成されている。建築は木造でクリアーガラスが多様に使用されている。
周辺は大きな森で、敷地内には小川が流れている。この景色を建築内に取り込んで共存させる照明計画を提案しています。


2005.11

Web 「つかりコムねん」ノーリツ

バスタイムのこだわりに、照明の演出は入ってますか?
究極にリラックスする為に、いろんなあかりの仕掛けをしてみましょう。

http://www.noritzstyle.jp/bath/time/vol5.html


2005.11

雑誌 「pen」No.164 /阪急コミュニケーションズ


「クリエイターを探せ」#005 P155
愛地球博/愛知万博ヨルダンパビリオンの死海のプールの演出、モーションブルーヨコハマエントランスの不思議なトンネルを紹介しています。


2005.11

雑誌 「ナチュラル派のための設備の本」&home特別編集 /双葉社


「家づくりのプロ20人が勧める設備」 P66
一家に一台の調光コントローラー「グラフィックアイ/ルートロン社」、美しいプリーツが人を魅了させるスタンド「SAMURAI/インゴマウラー」、キラキラ小振りで大好きなシャンデリア「ヒマラヤランプ/H.P.DECO」のご紹介をしています。


2005.08

TV 「こだわりの逸品」ライティング編 /BS


2005.04

TV 「風になる」/TBS

照明デザイナーの仕事の紹介を致しました。
軽井沢クリークガーデンの工事中に、現場で撮影しています。

番組リンクhttp://www.tbs.co.jp/kazeninaru/050515/top.html


2005.02

雑誌 「&home」vol.04 /双葉社


日常をドラマティックにかえる「あかりレシピ」P94
設計段階からきちんと考えたい照明計画についてエピソードをまとめています。
自邸 (ラ・メゾン・ド・ローズ) を舞台に、時間と共に変化するあかりのシーンや、プロフェッショナルな照明ディテールまで、細かにご紹介しています。


2005.01

雑誌 「JA」56 /新建築社 WINTER 2005 季刊

「YEARBOOK2004/建築年鑑」 P88
梅が丘コーポラティブハウスROXIがJAの建築年鑑2004に掲載されました。
このプロジェクトでは、パブリックスペースと、11世帯中の5世帯の住居内の照明計画で参加している。
ROXI/KA邸ROXI/KU邸ROXI/A邸ROXI/M邸ROXI/T邸


2004.11

雑誌 「デザイン照明」/エイ出版社


照明デザイナーに学ぶ ほどよい「あかり」のある暮らし P86
自邸 (ラ・メゾン・ド・ローズ) を舞台に、様々な生活シーンに合わせた照明演出を紹介している。


2004.11

雑誌 「東京カレンダー」/


2004.10

雑誌 「Sumai」vol.3 /イースマイ


「プロが語る照明と空間への想い」P06
大切なのは、ライフスタイルに合うあかりを設定すること。


2004.02

雑誌 「新建築・住宅特集」第214号 /新建築社


「経済的、環境的、そして精神的に求めるあかり」P10
年末に4つの会場で同時に開催された「東京あかりネット+ひかりのかたち展」をレポート致しました。東京デザインセンター「Heart of illumi」、六本木AXIS「あかりメッセージ」、OZONE「ケイタイあかり展2」、白ビル「The Forms of Lighting 展」。この年はLEDの開発の進む中、可能性を秘めた作品をたくさん見る事ができました。


2003.06

Web 「NIKKEI NET」ウィークエンド版

照明で部屋を変えるテクニックをご紹介しています。

http://www.nikkei.co.jp/weekend/news/20030626s166q001_26.html


2003.01

雑誌 「LIVING DESIGN」no.27 /風土社


「ホームパーティー・カム・アライブ!」P12
手作りキャンドルで彩る、ナイトデコレーションをご紹介しています。


2002.12

Web 「NIKKEI NET」クリエイターたちの挑戦

人と空間を光でつなぐのが私の仕事です。

http://sumai.nikkei.co.jp/style/creator/07_1.cfm


2002.08

雑誌 「I'm home」no.6 /商店建築社


「Hi-STYLE LIGHTING」P77
照明デザイナーの紹介に掲載されています。


2002.08

雑誌 「Oggi」/小学館


「女性と仕事の新しい関係」第8回 P278
竣工したばかりの、モーションブルーヨコハマにて取材をさせて頂きました。


2002.07

雑誌 「LIVING DESIGN」/風土社


「東京リアルライフ」P34
自宅兼事務所のスパンコールを舞台に、「居室2毛作」の光の提案を致しました。
光を駆使すれば、事務所にも寝室にもなると言うお話しです。


2002.02

Web 「cafeglobe.com」/キャリアインタビュー

机でプランを考えて、現場ではヘルメットをかぶって仕事しています。

http://www.cafeglobe.com/career/interview/int_vol44.html


2002.01

Web 「cafeglobe.com」

もっと「灯り」を楽しもう!
日本のあかりの歴史について、再認識することも大切です。
和の照明器具もご紹介しています。

http://www.cafeglobe.com/lifestyle/akari/


2002.01

雑誌 「CREA」/文藝春秋


「くつろぎの照明演出で愉しむ究極のホームシアター」 P142
小さな部屋でも自分だけの映画館になる照明演出をご紹介しています。
プロジェクターで鑑賞しているのは、「EAMES FILMS:チャールズ&レイ・イームズ」の映像世界」。


2001.11

雑誌 「CREA」/文藝春秋


「至福のインテリア」 P90
どんな照明を選べば、くつろげる部屋になりますか?の問いに、スタンドをベースに18アイテムをご紹介致しました。
今でも手に入りにくいマニアックものまで必見です。


2001.10

雑誌 「lives」no.02 /第一プログレス

進化するコーポラティブハウス P100
「クリエイターとのコラボレーションで、コーポラティブハウスの可能性はもっと広がる」
梅が丘コーポラティブハウスの設計に着手するにあたって、建築家の佐々木聡さんと対談を行いました。コーポラティブハウスの可能性や、そこに目指す光は、どのように導きたいかなどをお話し致しました。


2001.04

雑誌 「confort」no.47 /建築資料研究社


「次世代のつくり手たち」 P154
佐々木博一(アンデザイン代表)、渡邊謙一郎(スタンダードトレード代表)と村角の3人での対談が掲載されました。


2001.01

雑誌 「marie claire」no.30 /角川書店


「くつろぎのAKARIを自分でつくる、Lighting etc...」P96
簡単にできる、空間の印象をガラリと変える、照明のテクニックをイラストとコメントで紹介しています。


2000.10

雑誌 「ホームシアターファイル」vol.7 /音元出版


「ホームシアターにおける光と翳・陰影礼賛」P167
第1部:調光のススメでは、数種類の調光コントローラーをご紹介しています。
第2部:部分灯はどう灯す?では、簡単にできる間接照明のディテールをご紹介しています。


1996.11

雑誌 「CASA BRUTUS」/マガジンハウス


「自然の中に一歩踏み出した、空中デッキのある生活空間」P76
 蓼科S邸が掲載されています。設計は伊東豊雄さんです。